スマートフォンマウント ワンタッチタイプ

GRIIIとかRX0M2がツーリングに便利かなと思って
いろいろ調べてたのだけど
GRIIIはDC-TX2から特に便利にはならないかなと
もちろん写りは格段に上がるだろうけど、そのラインはGX7mk2に任せる方向なので
もうちょっと便利さの方に振ったほうが良いのかなって

で、RX0M2をって思ったのだけど
結局はポケットから取り出すとか考えると
落とす危険はあるし、手間はかかるしであまりメリットはないかなという判断に

なので、スマートフォンを簡単に取り外しが出来て
しかもしっかり固定されるマウントはないものかと探したところ

TiGRA Sport FitClic NEOシリーズ
ってのが良さそうな感じ
とりあえず、自転車用に

を購入

自転車側にマウント側を固定
タイラップとネジのハイブリットな感じで、ケーブル類に負担をかけずに締めれる感じ
01001145
問題なく固定完了
スマートフォン側には、固定用の汎用カバーU-TAGを貼り付け
01001149
磁石があるのがちょっとトラウマなんで、財布と一緒に置かないようにしないといけない
あと、バンカーリングとかと共用できないので
普段使いがちょっと不便になった感じ
自転車での固定は問題なし
01001153
通勤で数往復して、道路での跳ねとかでも不安なし
がっちり固定、簡単に取り外し可能

ってことで、満を持して

バイク用のマウントを購入
こっちはネジ固定
01001146
がっちり固定
自転車と同様固定に不安なし
01001156
360kmのツーリングでも全く問題なし
信号停車のちょっとしたタイミングでも取り外して
写真を撮ることも可能

ってな感じで、満足

こういう使い方だと
やっぱり防塵防水ってのは必須
ただ、最近のスマートフォンはエッジがカーブしてるので
それに合うガラスタイプの液晶保護シートだと
端が若干浮くので、そこにホコリが溜まってしまうのが難点
保護シートなしは、傷が付きそうで不安なので、定期的にシートを交換するってことしか無いかな

あとは、カブにつけるのをどうするかってところかな

自転車用にこれを購入して
いまの、自転車につけてるのをカブに移設するのが良いかな?

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

通勤用自転車

東京のときはDAHON BoardWalk D7を購入
そのまま、東京の事務所に寄付
広島時代は、Giant ESCAPE R3を購入
いまは、千葉にある

今回は通勤専用という意図で、できるだけ安く済ませようと考えて
いろいろと探した結果

ルイガノの型落ち自転車が安かったので購入

2017 LGS-CEN
P1001052
初のロード

せっかくのロードバイクだけど
多分だけど、趣味として自転車に乗ることは可能性が低い
自転車に乗れるってことは、イコール バイクに乗れるってことなので・・・

でもまあ、当面は通勤で体力をつけながら
その後のことはゆっくり考えましょう

片道6km25分程度なので
体力強化とかダイエットに繋がるかはちょっと怪しいのですけど

STRAVAとRuntastic

早朝の自転車トレーニングは、スマートフォンにサイコンアプリで距離やスピードなんかを計測しながら行ってます
当初は、
Runtasticを内蔵GPSだけで計測していましたが
途中から、ケイデンスも知りたいなと思い
ケイデンスセンサー付けて
そちらも計測に使うように変更しました

ところがと言うか、なんというか
距離の計測が合わないような感じがしています
これが当初の
Runtasticと内臓GPSで計測したもの
Screenshot_20160914-162344
次に
RuntasticとBluetoothのケイデンスセンサーで計測したもの
Screenshot_20160914-162333

同じアプリなのに20%も距離が違います
どっちが正しいかわからないなあという感じでは有りますが
ネットで調べたところ、どうも、センサーとアプリの相性が悪く
GPSの方が割りと正確っぽいです
となると、折角付けたセンサーを活用するためには
Runtasticは使えません
ということで、そこそこ評判の良いSTRAVAで確認してみると
Screenshot_20160914-162313
こちらだと3%程度の差かな
と思ったのですけど、どうもケイデンスセンサーを使った距離積算ではなく
GPSで見ている感じです
しかも、走行中の表示は平均速度や平均ケイデンスを示してますので
実用性は0です
有料版を使えばリアルタイム表示も出来るようですが
月払いのみと非常にコストが掛かりますので、さすがにありえないかなと
ということで、正直どうにも出来そうにもありません

まあ、仕方ないので
ケイデンスセンサーは、TOPEAK純正アプリと接続して
走行中はそちらを表示しようかなと
で、トレーニングの結果関係は、RuntasticにGPSの積算にて見るようにしていこうかなと

所詮自己満足では有りますけど