バイクで広島へ(まとめ10/2-10/4)

PA020090
PowerShot G7 X

広島に転勤が決まった時に、天気さえ良ければ
是非、移動をバイクでと考えてました

キャンセル料は自腹と言われ一時は断念しかけましたが
キャンセル料が掛かるのは前日の午後からということだったので
毎日のように天気予報を睨んでいましたね

で、前日の段階では
前日の夜から大雨で、当日は昼から晴れの予報
東京だけではなく全国的にも昼以降は大丈夫な感じ

ということで、バイクの陸送はキャンセル
決行です

初日は、引越しの荷物搬出&退去の立会いもあり
昼過ぎの出発
オール下道と考えていたのですが、
初日は昼過ぎ出発で半日、2日目は一日中走れる、最終日は10時前には到着必須
という条件から考えて
まあ、初日は高速を使うしか無いかなあとということで
このようなルート
image
中央道を通って、多治見まで350kmちょっと
休憩込みで、平均時速は90kmぐらいでゆったりと巡航して
18時前に到着といった形
あとは、疲れを癒やすために温泉に使ってゆっくりと就寝

2日目は、7時出発
目的地は岡山か福山あたりを考えたのですが
バイクを止めるということを考えると条件が合わない
それに、走るルートも面白みが無いなあというのもあり
日本海側、島根鳥取あたりで良いところは無いかなと考えて
皆生温泉でお安い宿が見つかったので、目的地に設定
image
430kmぐらいをオール下道
琵琶湖や日本海を眺めながらの走行です
もう2度と通ることはないかなあ、なんて考えながらだったです
初日に比べストップアンドゴーがたくさんあり、なかなか楽しい道のりでした
途中、残り距離と時間の関係が合わないような感じがして悩んでいましたが
山陰に入ると、高速が無料区間ばかりでほぼワープしたような感じでした
2日の夜は温泉宿でゆったりと温泉に入って体調を整えることが出来ました

さて、最終日
10時前に転居先に着くことが必須
ということで、5時出発
で、ちょっと余裕を持たせるために最低限の有料道路を使うことに
image
距離としては200km無いぐらい
山道大変だろうなあって考えながら走ってたのだけど
こちらも予想外に高速の無料区間が多くて、走り自体は楽なもの
何しろ大変だったのは、寒さ
15℃程度まではどうにか問題なかったのだけど
早朝の山道だと10℃前後まで落ちてて
凍えながらの走行でした
完全に準備不足だったなあ
計画当初は、それこそ瀬戸内側を走るつもりだったので、気温がそこまで下がるところを走る予定はなかったんだけどねえ、というのが言い訳
まあ、でも凍えながらも9時ぐらいには到着
しばらく家の周りをうろうろとして、鍵を受け取り荷物を搬入してもらって
一日荷物の開梱をして疲れ果てて
と言った感じでした

トータル1,000km弱
個人的にはなかなかいい移動だったかなあと

3日間の燃費は
image
やはり、高速ばかりを走った初日の分の燃費は30kmを切る感じ、30km切ったのは初めてですね
で、下道オンリーの2日目の分は、40kmを超えるという
予想通りの数値になりました
しかし、これだけ燃費がいいと燃料代が気になりませんね