DC-TX2の評価

01000304

・ハードウェア

 TX1と比較してちょっと暗くなった分、テレ側が大幅に伸びた
 ちょっと分厚いのはマイナス
 出来れば液晶が動くと良い
 カスタマイズ性は良好
  基本的にPモードで使用
  鏡筒のダイアルはズーム、後ろダイアルは露出補正
  鏡筒の方は、出来れば絞りに出来れば文句なしだったんだけど
 充電端子のカバーはちょっと使いにくい、microUSBはいまさら
 スマートフォンとの連携でジオタグを埋め込んでくれるのだけど、カメラの電源ONからGPS取得までに30秒から1分程度時間がかかるのでちょっと面倒

・スマートフォンアプリ

 常時転送モードだと、転送が終了するまで鏡筒が沈まない
 ということで、必要なときに転送をかけるようにしている
 ただし、スマートフォンが他のWIFIと自動接続出来る状況だと、数枚転送して途切れる
 自動接続を切れば、失敗なし
 未転送ファイルのみ転送という選択肢がないのは不便
 選択転送か日数指定(1日分、3日分、7日間分)しかできない

・画質

 これは、使う人の判断しか無いと思う
 自分としては、この便利さに対して十分以上だとの感想
 基本的に、バイクツーリング、子供イベントがメインなので、絶対的な画質は求めてない

当面は、カメラとしてはこれ一台で行けそう

バイクじゃない時には
DC-TX2+フィルムカメラで散策したいなと考えてる
でもまあ、残念ながらカメラを持って歩けるような時は
バイクに乗って走れる時なので、当面そんな機会は無いかなと

RX100VIが発表されたけど
自分の使い方だと、DC-TX2のほうが合うかな
運動会とかも含めて1台でと考えると

Unihertz Atom

数秒でSUPER EARLY BIRDの100人
1分ちょっとでEARLY BIRDの300人
というような感じ
あっという間に、初期条件を達成

これと、TPOに応じてタブレットを組み合わせるというのが良いのかなと
バイクに乗る時は、Xperia Z Ultra
電車で移動するときには、8-10インチ程度のタブレット
普段は出来る限り1台に

不安材料は
WCDMAのBand6非対応なの
Band5が対応してるものの、Jelly Proがプラスエリアを掴んでいるという話も無さそうなので期待は薄い
解像度
800×480ぐらいあればなあと
あとは、カメラの性能かな
メインのスマートフォンにするには、Jelly Proの評価は駄目っぽいので

事前の試しに、Jelly Proに手を出そうかとも思ったけど
サイズ以外の性能を見るとあまり参考にならないかなと

山口一周ツーリング(18/06/02)

日曜日に名古屋へ前日移動となってしまいましたので
土曜日の日帰りで計画です

過去のブログを見返して見ると
去年、一昨年とこの時期には角島へ行ってましたので
今年も、行っておこうと

まあ、異動がある予定ですので
今年が、とりあえず最後かと思いますが
角島に+αを加えてみました

早朝5時半に自宅を出発
佐方SAで、諸々確認し
忘れ物もない、服装チェック等を行い
西へ向かいます

第一の目的地に着くまで、ひたすら走ります
それも、5時間・・・

ようやく、本土、最西端
DSC_0464